別所虚空蔵尊

別所虚空蔵尊は、

福智円満の御利益をもたらすと言われています。

奈良時代の高僧・行基が2体の虚空蔵様を彫り、兄をここに置き、弟であるもう1体は会津の柳津に渡ったとされています。

そしてこの地は、兄と弟が別れた場所『別所』と呼ばれるようになったとされています。

当園から徒歩3分

是非お立ち寄り下さい。

毎年2/12・13は別所虚空蔵尊例祭

毎年2/12・13日は別所虚空蔵尊例祭が行われます。

参道には雪灯篭が並び、やわらかな灯が幻想的な光景を作り出します。

当日は多くの方が参拝に訪れ、随時ご祈祷も行われます。

特に13日の大般若祈祷会はすごい迫力です。

当園もおこわ・虚空蔵まんじゅう・甘酒などの販売をしてお待ちしております。

是非、冬の『別所』にもお越しください。