当園について

創業 1976年(昭和51年)

1.6ヘクタールの山には栗の木が約400本とさつまいも畑が広がっています。

当園がある五泉市(旧村松町)の栗の歴史は古く、大正末期からその栽培が始まったと言われています。

現在この村松栗は地域を代表する産業に育っています。

当園は素朴な里山の環境と、自然の中での収穫体験を通し、

色々な発見や経験・懐かしさを感じてもらいたいと考えおります。

是非、五感で楽しむ実りの秋をお楽しみ下さい。


園内地図